頭痛・めまい・吐き気

頭痛・めまいご相談くださいのイラスト

  • 交通事故後、頭痛が回復しない
  • めまい・吐き気が治まらない
  • レントゲンを撮っても異常が見つからない
  • 天気によって頭痛がひどくなる
  • 処方された薬を飲んでも回復しない

いつまで経っても良くならないと諦めないで!一度、ご相談ください。

交通事故後の頭痛・めまい・吐き気について

交通事故に遭われた方に説明している様子の写真交通事故に遭った後、数日経ってから現れる「頭痛・めまい・吐き気」に悩んでいらっしゃいませんか?実は、こういった方が数多くただき接骨院にいらっしゃいます。

確かに、交通事故の後に直接的な状態として現れる背中や首のいたみでお越しくださる方も多いですが、天気によっては頭痛がひどくなったり、めまい・吐き気といった状態も、交通事故によくある悩みです。

交通事故後に、数日経ってから頭痛・めまい・吐き気とといった状態になる原因は、交通事故時の強い衝撃によって、首の自律神経が傷ついているからです。

そして、よくあるのが医療機関でレントゲンやMRIといった精密検査を行っても原因不明と診断されてしまうことです。

これは、レントゲンやMRIでは写らない首の周りの筋肉まで傷ついていることが原因です。
実は、この筋肉の損傷は、筋肉の内側にある自律神経の神経線維も損傷させてしまいまいます。
この神経線維が損傷することで、頭痛・めまい・吐き気といった状態になって現れます。

交通事故後の頭痛・めまい・吐き気の施術について!

交通事故後の頭痛・めまい・吐き気施術の写真交通事故後に、傷ついてしまった自律神経の影響で、頭痛・めまい・吐き気といった状態になります。

自律神経の不調を回復させるためには、神経の出入り口である背骨の動きを調整していく必要があります。

交通事故後のむち打ちの影響で、頚椎・胸椎・腰椎などの背骨の動きが悪くなったり、関節がズレを引き起こし、神経が傷つき働きを鈍らせます。

これにより、自律神経の働きが悪くなり、頭痛・めまい・吐き気等の引き起こします。

交通事故後のむち打ちにより、歪んだ背骨を元に戻さなければ、長期間回復せず苦しむことになってしまします。

交通事故後の施術に使う干渉波の写真また、歪みを正すだけでなく、高周波・干渉波・ハイボルテージ・超音波などの最新の医療機器を使い、交通事故後の強いいたみや自律神経を調整していきます。

高崎市交通事故むち打ち治療.comでは、自律神経の回復を目指し、背骨のバランス・動きを根本から調整いたします。