関節の痛み(腕・足)

交通事故後の関節痛のイラスト

  • 交通事故後、腕や指先に痺れを感じる
  • 自転車・バイクに乗っていて交通事故に遭ってしまった
  • 関節部分に違和感や重だるさを感じる
  • 病院で検査を受けたが骨に異常がないと言われ経過観察しかしていない
  • 交通事故後、足全体・太もも・ふくらはぎに痺れや違和感を感じる

痛いところだけでなく体の全体を診ていきます

交通事故による腕や足の関節痛と痺れの原因とは?

関節痛が起こりやすい場所交通事故では、接触や追突等の車同士の大きな衝撃で首・腰を負傷するイメージが強いですが、腕や足・膝を負傷する方も数多くいらっしゃいます。

なぜなら、自転車やバイクに乗っている際に交通事故に遭い、腕や足が巻き込まれることで、強打し負傷してしまうからです。

こういったケースの場合、病院等の医療機関でレントゲンやMRIを撮ったとしても、「特に異常がない」と告げられることがよくあります。

これは捻挫や打撲をし、レントゲンやMRIでは写らない筋肉の部分が損傷していることが原因です。

つまり、交通事故で腕や足の関節を負傷する際に、筋肉の肉離れが起こり痛みを生じさせ、筋肉が硬直することにより血流が悪化し、肉離れが回復しづらい身体になってしまう可能性があるのです。

こういったことにならないためにも、交通事故の関節痛に対して初期治療を早期に行っていくことが重要です。

当接骨院では、交通事故治療を専門的に取り扱っており、過去にも多くの交通事故患者様がご来院され改善されていった実績があります。

後遺症にならない為にも痛みの原因をいち早く知り、適切な対処をしていきましょう。

知っていますか?バイクの事故も車での事故と同じ様に自賠責保険が適用されます!

関節の痛み(捻挫・打撲・肉離れ)の治療について

交通事故後の関節痛の施術の写真接触事故で骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)を引き起こすことがよくあります。

交通事故の捻挫や打撲・肉離れによって起きた腕・足の関節痛の応急処置から治療まで行っております。

捻挫・打撲・肉離れの初期であれば、その状態に応じた応急処置を行い、患者様に負担がかからないように心がけ施術いたします。

また骨折・脱臼などで病院や整形外科に通われている方は、固定を外した後でも、痛みが残り動きもすぐに正常になるわけではありません。

各種テーピングの写真固定を終えた後、関節の痛みや可動域が改善していない方は「痛みの改善治療」や「可動域の改善治療」も当接骨院で行うことができますので、その場合はお問い合わせください。

 

交通事故後の関節の痛みの治療

交通事故後の施術写真交通事故後の捻挫・打撲・肉離れなどの関節の痛みは、必要に応じて応急処置や固定を施すことがあります。

必要がない場合は、固定はせず手技によるケアを施します。

固定除去後は、負担のかかった関節や筋肉の動きを本来の正常な動きに戻すためのコンデショニングが必要になります。

当接骨院の関節の痛みに対するコンディショニング法は「全身矯正×筋肉調整×AKA整体」この3つを組み合わせ、患者様の状態に合わせた治療法を選択していきます。

コンデショニングを行うことで、本来の身体の正常な状態に戻し、早期に社会復帰やスポーツ復帰を目指していくことが可能となります。

交通事故に遭った方が、後遺症が残らないように根本からケアを行いますので安心してお越しください。

骨折後のリハビリ専門としている当院へお早めにお越しください!