交通事故に遭ってしまったら・・・

交通事故衝突のイラスト

  • 交通事故に遭ってどうしたらよいかわからない
  • 交通事故の手続きがわからない
  • 身体がどうなるのか不安
  • 事故後の流れがわからない
  • 補償をしてもらえるのか不安

高崎市の交通事故治療なら、ただき接骨院へ

整骨院は病院じゃない、でも厚生労働省から認可をうけてむち打ち治療ができます

高崎市 交通事故

交通事故に遭った際のポイント!

1.交通事故後はすぐに警察に連絡!

交通事故に遭って警察に届け出しているイラスト交通事故が起きてしまったら警察に連絡し、当事者同士で解決しないようにしましょう。

警察に連絡をしていないと、あとから何かあっても交通事故証明が取れなくなりますので、ご注意ください。

保険会社に保険金を請求する際にも、交通事故証明が必要になります。

加害者・被害者問わず必ず届出をしましょう。

示談や一般的な物損事故として済ませてしまうと、後で施術が必要になった際に、費用を請求できなくなることもあるので注意が必要です。

2.加害者の所在確認を忘れずに!

交通事故後に相手の情報をメモしているイラスト【メモすべき加害者の情報】

  • 氏名
  • 電話番号
  • 車種・ナンバー
  • 住所会社の住所・電話番号

運転免許所を携帯カメラなどで撮影しておくと良いでしょう。

3.交通事故現場を記録に残しておくこと!

交通事故衝突のイラスト携帯カメラやムービーであらゆる角度から事故現場を撮影しておくと良いでしょう。

また、目撃者がいたら連絡先を交換しておいてください。

事故の示談の行方を左右します。

交通事故後の目撃証言はとても大切です。

4.交通事故後はすぐに医療機関への受診をしてください!

交通事故後は病院と接骨院併用で通えますのイラスト交通事故直後は興奮状態であり、身体のいたみを感じないケースがあります。

しかし、交通事故から数日、数週間経ってからいたみが出てくることも少なくありません。

放っておくことが非常に危険です。

事故後1週間以上経つと、事故との因果関係が取れなくなってしまい、後でいたみが出ても補償の対象ではなくなってしまします。

状態が軽くてもまず医療機関へ行ってしっかり診断をもらいましょう。

5.交通事故後は保険会社に連絡!

交通事故後はすぐに保険会社に連絡のイラスト交通事故に遭ったら加害者・被害者ともに保険会社に連絡するようにしましょう。

保険会社への連絡が遅れてしまうと、補償が受けられなくなってしまうこともあります。

また、医療機関を併用・転院をする際にも必ず保険会社に連絡しましょう。

6.領収書や書類関係は厳重に保管!

交通事故情報のメモのイラスト交通事故の領収書や関係書類は、補償を客観的に証明する大切なものになります。

一定期間しっかり保管しておくと良いでしょう。

突然の事故の不調はただき接骨院へお任せください!24時間365日電話対応しております!