接骨院と整形外科の上手なリハビリの通い方

交通事故に遭ってむち打ちになったイラスト

  • ずっと整形外科に通っているのに改善しない
  • 接骨院でも事故保険の適用はできるのか
  • 病院・整形外科から接骨院へ転院できるのか
  • 病院で検査をして異常がないのに良くならない
  • まだ痛いのに整形外科の先生にもう来なくてよいと言われてしまった

交通事故のリハビリならお任せ!

検査は病院で。リハビリは当院にお任せください!

交通事故治のリハビリをきちんと受けるための大事なポイント

  1. 保険会社からは加害者に有益な提案をするケースがあるため、保険会社から指示があったとしても、交通事故の被害に遭われたご自身の意思で通院場所を決めることが大切です。
  2. 交通事故後は必ず2週間以内にご来院ください。事故から時間が経ってしまうと因果関係が取れず、患者様が思うような補償を受けられなくなり不利益になってしまう可能性がありますのでご注意ください。

接骨院と整形外科の違いは?

医療機関(病院・整形外科)の得意な領域とリハビリ

交通事故の施術で病院や整形外科が得意な領域のイラスト

交通事故に遭った際にはまず「診断書」が必要になります。

しっかり医師に症状を伝え、精密検査で細部まで検査してもらい、怪我をした箇所を診断書に記載してもらいましょう。

診断書をもらいましたら、当接骨院でリハビリ開始となります。

行きつけの整形外科がない方の場合は、当接骨院にて高崎市内の整形外科をご紹介いたします。

接骨院が得意な領域とリハビリ

接骨院の交通事故施術のイラスト

交通事故に遭った際には、少しでも違和感を感じたらまず最初に医療機関でレントゲン・MRIなどの精密検査を行い身体に異常がないか検査してもらいましょう。

しかし、レントゲンなどの精密検査では骨に異常がない限り「異常なし」と診断されてしまい「原因不明」のまま経過観察になってしまうことが多くあります。

高崎市交通事故むち打ち治療.comでは「原因不明」とされた症状を治療できます。

病院・整形外科では行わない独自の専門治療で身体の根本を治していきます。

当接骨院の交通事故治療とは?

病院・整形外科で「異常なし」「原因不明」「経過観察」と診断された症状に対して、「なぜ痛みが出ているのか?」「どうすれば改善するのか?」を徹底的に追及し、患者様のお身体の早期回復のお手伝いをいたします。

  1. カウンセリング時に徒手検査や可動域検査を行い、患者様の症状の現状を把握します。
  2. 当接骨院独自の専門治療「全身矯正×筋肉調整×AKA整体」この3つの施術を組み合わせ、患者様の状態に合わせた治療計画を立てます。
  3. 通院ペースやおおよその通院期間をご説明いたします。
  4. 交通事故の法律・補償等の概要の説明を行い、患者様のご質問にお答えします。

高崎市交通事故むち打ち治療.comでは、通院に専念していただくために専門スタッフが様々なサポートを行い、患者様が不安なく安心してリハビリを受けられる環境を整えております。

接骨院と整形外科の上手なリハビリの通い方!

高崎ただき接骨院・整体院の受付の雰囲気の写真病院や整形外科ではほとんどの場合、症状診断と痛み止め等の投薬を行います。

当接骨院では、骨格・筋肉の炎症や異常を的確に判断し後遺症が残らない根本治療を行うことができます。

また、痛みのある箇所だけの施術ではなく、全身を診させていただいております。

そして独自の「全身矯正×筋肉調整×AKA整体」を用いて後遺症を残さない身体作りを目指し施術を行っていきます。

医療機関には通ったけれど「異常がないと言われたが調子が悪い」「痛みや不調がなかなか改善しない」などのお悩みをかかえている患者様は、接骨院に通院されることをおすすめしています。

当接骨院で交通事故のリハビリを受けている患者様の多くは、病院(整形外科)と接骨院を併用して通院をしています。

双方の得意分野とリハビリは異なりますので、症状に合わせた通院をしていただくことが大切です。

交通事故治療は最初の3ヵ月が肝心です!

交通事故による骨折と骨折後のリハビリについて

医療機関で骨折と診断された場合は、病院・整形外科で骨の状態を把握しながら通院し治療することが大切です。

病院・整形外科でギプスを外した後にはリハビリが必要になります。

医療機関では痛み止めや湿布、電気治療を中心としたリハビリに対して、当接骨院のリハビリは手技によるケアが中心となります。

手技により身体のバランスを整えたり、筋力トレーニング・ストレッチなどの運動療法を行い、事故前の身体に近づけるようにサポートしながら根本施術を行っていきます。

交通事故によるむち打ち症・腰痛について

むち打ち症や腰痛はしっかり完治させないと、痛みが長期化・慢性化してしまい日常生活に悪影響を及ぼします。

初期治療を大切にして早期回復を目指し、痛みがなくなるまで後遺症にならないように継続通院することを心がけましょう。

高崎市内で交通事故治療を受けられる接骨院をお探しの方は、高崎ただき接骨院・整体院へ!

交通事故による後遺症を残さない為の通院の仕方!

交通事故施術の通い方イラスト

交通事故による後遺症を残さないためには、継続的な通院が必要になります。

一時的に状態が回復しても、再び状態が悪化したり、良かったり悪かったりを繰り返したりと、状態が安定しないのが交通事故の怪我の特徴です。

交通事故の怪我を甘く見て、通院を怠ると、あとで後遺症が残る確率が高くなってしまいます。

特に状態が悪い最初の3ヵ月がとても大切です。

しっかり通院をして身体の根本から治し、早期回復を目指していきましょう。

3つの交通事故のケースで比較

交通事故施術の様々なケースのイラスト

Aさんのケース

3ヶ月間、週3~4回のペースで、しっかり通院できたAさんは、後遺症は残らず状態は回復し、満足な補償も受けられました。

Bさんのケース

状態が悪いにもかかわらず、通院頻度が少なく、状態回復まで時間がかかりました。

状態は回復したが、保険会社が全額補償せず打ち切りになってしまい、自己負担が発生してしまった。

Cさんのケース

交通事故後、たいしたことないと思い、状態を甘く見て医療機関で治療を受けませんでした。

後からい痛みが現れ、状態が悪化。

そのまま後遺症になってしまい、自己負担での通院になってしまった。

※Bさん、Cさんのケースのように「真面目にリハビリしておけば良かった」と後悔しないために、しっかり通院していただくことをおすすめします。

 

交通事故のリハビリに関する費用について詳しくは→こちら!